インタビュー

現場で働くスタッフに、入社のきっかけと仕事でのやりがいについてインタビューしました。

介護職員 ユニットリーダーイメージ

この環境に感謝!

01年入社 介護職員 ユニットリーダー

中井 基行 Motoyuki Nakai

私が梅寿荘へ入社することになった経緯としては、大学時代にヘルパー2級(当時)を取得後、実習を通して梅寿荘にて基礎介護技術を学ぶ機会をいただきました。その当時、お世話になった先輩から梅寿荘へ誘っていただいたことがきっかけとなり、大学卒業後、新卒で入社することとなりました。もう一つ、家からも近かったことも入社を決めた理由の一つです(笑)。

梅寿荘を含め、法人としてしっかりとした研修体制や資格取得支援制度が整っている環境も魅力の一つだと思います。自分のキャリアプランを考える上でも、成長できる環境が用意してくれていると言うのは有り難く、私も梅寿荘デイセンターで勤務している際に介護福祉士を取得しました。その後、ファーストステップ研修も経て、現在は梅寿荘でユニットリーダーを務めさせていただいています。

現在はリーダーとしての主に教育育成を中心とした職務に当たらせていただいております。
仕事を通して、近くの仲間である職員たちの成長が見られること、ご利用者とも関わりの上で、家族に近い関係で信頼していただき、親密な関係になれていることが現在進行形で喜ばしく、それが私のやりがいとなっています。

介護職員 ユニットリーダーイメージ

私も今でこそリーダーという立場でやらせていただいておりますが、昔は高齢者に限らず他人の気持ちや心理を汲み取ることが苦手で、自己中心的な働き方から人間関係に悩むこともありました。そんな時、当時の上司から「配慮」の大切さを気づかせて頂きました。
それからは関わる全ての人、特にご利用者様は自分より遥かに人生経験が豊富な大先輩なので敬意を持って接することを意識しております。その上で気持ちよく過ごしていただく為の一つひとつの言葉かけ、表情、視線など、全てを加味して相手の立場に立った「配慮」、それが最も大切なひとつだと考えを持つようになりました。
「自分が与えてもらった気付きや成長体験をメンバーにも感じてもらいたい。」そんな想いと、配慮をもって教育育成にあたり、私も教えていただいたように今はメンバーにそれを伝えていっております。

介護職員 ユニットリーダーイメージ

プライベートとも両立を取りやすい環境に家族も感謝

介護福祉という業界は勤務形態は変則的で朝早い時や夜勤もあったりと、大変だというイメージが強いのかと思います。もちろん実際、大変なこともたくさんあります。
しかし、意外かもしれませんが梅寿荘はプライベートとの両立が取れやすい環境だと私は思っています。まず休みが少ない業界に思われているかもしれませんが、月に8~10日程は休みがあります。その内、希望休が4日まで取れたり、有休もコンスタントに消化させていただけるので、家族を持つ私にとっては、子供の行事(参観日など)に参加できたり、妻の予定に合わせて休みを取ることで子守に当たれたりと、家族との予定を調整しやすい環境です。
変則的な勤務時間も、例えば朝7時からの早い出勤時は、逆に16時には仕事が終わるので夕方は自由な時間が過ごせます。夜勤の際も、翌日は9:15終わりとなるので夜勤後の一日は休みに近い形で過ごせます。さらに夜勤後の翌日は休みがセットなっている為、2連休の感覚で家族と出かけたり、用事を済ますことも出来、プライベートも結構充実した時間を過ごせています。

また私は男性ですが3人目の子供が生まれる際、上司やチームが快く1ヶ月の育児休暇を取らしてくれました。その育児休暇を取れたことによって、ママの大変さや出生直後育児に関わることが出来て家族共々とても感謝しております。

介護職員 ユニットリーダーイメージ

採用情報

梅寿荘で働く環境・条件面をご紹介します。

お電話でのお問い合わせ 9:00-18:00 0743-74-1175